[box]

パテスへの想い

村上氏とのたった一度の出会いでお手伝いすることになりました。「笑顔を引き出すことは手法を問わず誰もが見たいもの」そのとおり!異論はありません。
障害のある人の生活に役立つテクノロジーを追いかけて、約25年が経ってしまいました。その間、数々の失敗や成功、悔しい思いや辛い経験、たくさんのことがありました。振り返れば、いつも自分を支えてくれるのは家族や友人そしてお
客様の笑顔であることに気づきます。
私の得意な分野は、ICT機器を利用した活動です。その経験を活かして笑顔を引き出せる私の役割がパテスにもあると思っています。

[/box]

略歴

1988~1999 パシフィックサプライ(株) 営業推進課
1999~2010 (株)アクセスインターナショナル e-AT事業部
2010~現 (株)アシスト・アイ 代表取締役 兼 NPO法人e-AT利用促進協会 企画部長

所属

NPO法人e-AT利用促進協会

経歴

1998 神戸医療福祉専門学校三田校 福祉工学科 /非常勤講師
2004 総務省 /障害者のIT利活用支援の在り方に関する研究会委員
2009 (独)国立特別支援教育総合研究所 /特別支援教育専門研修「情報関連支援機器の活用と情報普及」講師
(独)産業技術総合研究所 /発達障害者の療育におけるゲーム性を応用した身体制御機能訓練用補助装置に関する研究 研究協力者
2010 東京学芸大学 /特別支援教育におけるICTの活用と促進に関する調査研究 研究協力者
2010 院内感染対策キーボード&マウス「クリーンキーズ」国内販売開始
2011~2012 厚生労働省 障害者自立支援機器等開発促進事業の助成によるトーキングエイド for iPad開発プロジェクトの開発分担者
2011~2013 東京大学先端科学技術研究センターおよびソフトバンクグループ共同研究 魔法のプロジェクト事務局
2013 文部科学省 /障害のある児童生徒の教材の充実に関する検討会委員
2013 東京大学先端科学技術研究センターおよびマイクロソフト(株)の共同開発品 キネクトセンサーを利用した重度障害者活動支援ソリューション「OAK」を商品化

資格

1997 福祉用具専門相談員
2003 福祉情報技術コーディネーター1級

論文・レポート・寄稿

「肢体不自由教育」No.209(日本肢体不自由教育研究会)
「実践 特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー) 第1集」(明治図書)