[box]

パテスへの想い

私がこの業界に入ったのは2000年、ちょうど介護保険法が施行された年です。

ケイアイに入社して2日目、何も知らされぬまま、ある国立療養所に向かいました。そこでは、当時5歳の筋ジストロフィーの男の子が、お母さんに見守られながら一生懸命リハビリに取り組んでいました。

状況がよく分からない私に、病院の方がいろいろと教えてくれました。

病気のこと、その子は自分が病気と知らずにリハビリをしていること、それを見守る母親のこと。それは何も知らない当時の私にとってものすごく衝撃的なことでした。

いつか私も役に立ちたい。あれから10年以上経過した今でも、その想いに変わりはありません。そんな中、今回村上さんよりパテスのお話を頂き、笑顔のためにというコンセプトに共感し、微力ながら参画させていただくことになりました。

一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[/box]

略歴

昭和50年2月生まれの38歳

東京都八王子市生まれ

高校卒業後、意志がないまま都内の専門学校に進学

卒業後は地元の食品卸会社に就職

運転好きが高じて大型トラックの運転手に転身

不規則な生活を心配した母に説得され、渋々ケイアイに入社(25歳)

入社後すぐに病気の5歳児のリハビリする姿に衝撃を受け、決意を新たにする

27歳の時に当時社長だった父親が病気で急逝、社長就任

現在に至る

所属

株式会社ケイアイ

論文・レポート・寄稿